寝室インテリアの変化。替えて良かったモノと無くても意外と困らなかった大物

寝室インテリアの変化。替えて良かったモノと無くても意外と困らなかった大物

少し前にマリメッコの新しいクッションカバーがリビングに仲間入りしました。

その時の記事はこちら


【マリメッコ×モノトーン】が好き!新入りクッションカバーでリビングの模様替え

寝室にはマリメッコのドット柄とブルーのクッションの組み合わせで長らく過ごしていましたが、リビングで使っていたホワイトのクッションを寝室に持ってくることに。

Read More

ベッドフレーム選びで迷ったのは3点&キャスパーマットレスを2週間使った感想

ベッドマットレスをクイーンサイズに替えるきっかけで始まったベッドフレーム選び。 

ちなみに、前回の記事はこちら

 ⬇︎

1日の3分の1が睡眠時間!侮れないマットレス選び!キャスパーマットレスを使う&楽天マラソン

 

インテリアショップに行けばステキなものがいっぱいあるけど、マットレス でもそれなりにお値段がかかっているので、ここはまずお財布に優しいIKEAに行ってみることに!

 

既に、ある程度の目星をつけて行ったので、実際に見て気に入れば買おうかと考えてました!

 

ベッドフレーム選びで特に迷ったことが3点。

 

【1つ目は色や素材】

例えばホワイト家具って好みなんですが 、ベッドとなると少しガーリー過ぎるかな?とか。

でも狭い我が家の寝室でブラックにしたら圧迫感満載になりそう。

大きな家具だけに、色の違いで部屋の印象もかなり左右されるなぁと悩む。

素材はファブリックへの憧れもありましたが、やっぱり木製が自分は落ち着くだろうなと。

 

【2つ目はベッドの高さ】

ローベッドをお持ちのご家庭の寝室を見ると、広々とした空間で良いなぁ〜と思うのですが、ただベッド下に何も収納できなくなる。 (実はダブルベッドを使っている時も、床とベッドの隙間に座椅子を収納していました)

部屋が広く見えるローベッドは魅力的だけど、ただでさえ収納スペースが限られている我が家ではベッド下に収納が全くできないのもかなり痛い。

しかもローベッドって起き上がる時に腰に負担がかかるとか。これは夫には良くない。

 

【3つ目は収納付きのベッドフレームにするか?】

2つ目に関連しますが、ローベッドにしなければいっそのこと収納スペース付きのベッドにするか?

IKEAのサイトを見てると結構ベッド下に収納付きのものが多かったんですよね。

ただ、ベッド下に空間がなくなるため通気性は悪くなりますが。

 

 

メリット・デメリットは種類によって色々ありますが

まずは実際目で確かめるべし!

IKEAで良さそうだなっと 思っていた候補のベッドがまずこちら。

 

ちなみにこれはMALM(マルム)といういうシリーズ。

一見、普通のベッドに見えますが、 

 

IMG_1433 (1).jpg

 ぐいっとマットレスごと持ち上げるとベッド下に広々とした収納スペースが!

この仕切りがない大きい収納が逆に良いなと思っていたのです。

サイドに4つか6つ引き出しがついたタイプがほとんどでしたが

これだとベッド下全部が空いたスペースなので大物でも収納ができる!

 

しかし、懸念したのは意外と持ち上げるのに力がいる・・・ 

 

バネ?がついているので一回持ちあげてしまえばスイッと上にあげれますが、最初のぐいっと持ち上げる瞬間に結構な力がいる。マットレスごと上げる仕組みなので、まぁそうやんね…重いやんね…ってのはわかるんですが。

もう少し楽にあげれるかと思ってたんで予想外でした。 

 

IMG_1435 (1).jpg

こちらはパイン材を使ったベッド。 TARVA(タルヴァ)です。

引き出し収納もない至ってシンプルなものですが、ベッド下に空間があるので、通気性が良く座椅子もしまえる☆

収納付きベッドだと必然とベッドの高さが出てしまうけど、これは低めの作り&値段も手が出しやすい。 

ちなみに自分の好きな色にペイントすることも可能。

でもパイン材のこの色味が私は個人的に好きです。

 

こちらも収納なしのシンプルベッド。確かMALMシリーズ。

このディスプレイを見て、ホワイトベッドもいーなーと思いました。やはり清潔感が出ますね!

でもこのベッドのレビューが少なかったし、あまり良いレビューも見かけたなかったのでうーん…となりました。

 

結局、最初の引き上げ収納付きベッドかパイン材のシンプルなものかで迷い

夫と話し合ってパイン材のTARVAのベッドフレームにすることに!

 

決め手は、今の場所からゆくゆく引っ越すことを考えた時、TARVAの方が何かと楽そう?

あとは、良いベッドフレームを買いたければもう少し先でも良いかと思ったのでした。

慌てて全部パパッと決めるよりもやっぱりいろいろ吟味したいところ。

でも夫の腰が悲鳴をあげていたので急なタイミングで決めなければいけなかった。

この先引っ越してもう少し広い部屋になったら、ゲスト用のベッドにこのTARVAを使っても良いかとも。 

 

ちなみにこのTARVA、ベッドフレーム以外に別売りのメタルパーツとベッドベース(すのこ)を買う必要があります!

IKEAのベッドは種類によって別々にパーツが売られているので買い忘れないようにお気をつけください。

家に帰って、「あれ、あのパーツがない!?」なんてなったら悲しすぎる・・・!

 

あと、IKEAのベッドベースはいくつか種類がありますが

Luröy(ルーロイ)

Lönset(ロンセット)

の2種類がメインのようで、お値段も倍以上違うしどっちが良いのか私たちも悩みました。

 

簡単に説明すると、

Lönset(ロンセット)の方がバーチ材のスラットがLuröy(ルーロイ)の約倍くらいあり

マットレスのクッション効果を高めたり、全身を快適にサポートするとか。

調べたらLuröy(ルーロイ)のベッドベースを使って、寝ている間にガタンと落ちたとか壊れたとかのレビューを見たので、最終的にはレビューの良かったLönset(ロンセット)に。

 

そんなわけで早速購入したのですが、ベッドフレームって重いですね・・・

車に入りきるかも若干心配でした^^;(ギリギリ入って良かった)

夫と2人で車に運んで持ち帰りましたが、なかなか体力を使う重さでした。

 

 

P4083707 (1).jpg

ちょっと週末予定があったので2日に分けて組み立てたのですが

途中まで夫と2人で組み立て(上の写真の半分ほど)

 

P4083708 (1).jpg

2日目は(私が仕事だったので)夫が1人で最後まで組み立ててくれました。

夫が「1人だと半日はかかる!!」と。

ベッドフレーム部分も時間がかかったし、ベッドベースを組み立てるのも本数が多くて大変だったとか。

できれば2人で作業した方が良いと思います。時間に余裕のある時に。

夫よ、ありがとう。

 

さて、ここまで組み立てたらマットレスの出番!

 

 

どーん!

 

Casper(キャスパー)のマットレスですが

マットレスに地厚のカバーが付いています。

これがまた気持ちいい素材なんですよね〜、この上で直接寝たいとも思う^^

しかし、実際はベッドシーツが必要です。

このカバーを取り外してお手入れもできるようですが、洗濯機で洗うと縮むようなのでそれはおすすめしないとか。

軽くはたいたり、部分洗いをおすすめしています。

 

 

カバーを外して中の素材を見てみるとこんな感じ。

ちゃんと5層のフォームでできていますね〜。

 

掛け布団は前と同じものをとりあえず使うことに。

いつかまた買い換えようと思っています。

 

 

P4083712 (1).jpg

HAYのベッドカバーをかけて、いつものクッションを飾って

 

 

オットマンを足元に戻して出来上がり!!

ダブルからクイーンサイズにしたのでフロアの面積は狭くなったものの

ボックススプリングがなくなったことで、以前より高さが低くなりベッドの圧迫感は減りました。

以前はフロアから約67㎝くらいまでベッドの高さがありましたが、現在は約56㎝。

約10㎝の違いは大きい。ちょっと視界が開ける感覚。

 

 

上から見るとこんな様子です。

やっと2人で寝るにはちょうど良いサイズになりましたね^^;

 

リビングから寝室を見るこの場所からでも

新しいベッドフレームはシンプル&ナチュラルなデザインで違和感なくすっと部屋に馴染んでくれています。

組み立てて数日は寝室がパイン材の良い匂いで癒されました。

 

ちなみに、このベッドフレームは日焼けするとどんどん色が濃くなるみたい。

できれば今のホワイトよりの色味で保ちたいと思うのですが、日当たり抜群の我が家の寝室では難しい気が・・・

 

さて肝心の寝心地ですが、かなり気持ちよく寝れています。(2週間ほど使っています)

ベッドの軋みなども特に感じず、キャスパーマットレスがやはり良いのかもしれませんが

私の場合、かなり熟睡できている実感が。

寝てから目が覚めるまでぐーっすり寝ている感覚。一度も途中で起きることがありません。

この睡眠の感覚を得てしまってからは、昔のマットレスに特に不自由していなかった私ですら

「前のものには絶対戻りたくない!!」と思っています。

 

やっぱり良い睡眠を取ることってめちゃくちゃ大事ですね。

そのためにも居心地のいい寝室作りって改めて大切だなと感じています。

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

北欧&シンプルライフのランキングに参加中!

最後までご覧くださりありがとうございます♩

 

RELATED POSTS

1日の3分の1が睡眠時間!侮れないマットレス選び!キャスパーマットレスを使う&楽天マラソン

P4013640 (1).jpg

実は最近、我が家の寝室 に若干変化が!

その変化とは、夫の腰痛がひどくなったことから始まりました。

朝起きると、「腰が痛い」と言い出すように。 

かかりつけの整骨院の先生に相談したら、古いマットレスが原因かもしれないと。

 

確かにこのマットレス、夫がルームシェアをしていた時から長らく使い、ここに引っ越してからも使っている年季の入ったもの。 

かれこれ10年以上使ったとか。

 

今のマンションからもう少し広い場所に引っ越す話が出ているので、それまでは使いたい気持ちがあったのですが、腰痛がひどくて良い睡眠がとれないのも生活に支障が出るし、見ていて不憫になるので、思い切って今回買い換えることに!

 

 

このマットレス、ダブル(フル)サイズなので2人で寝るには実は結構狭いです。 

改めて見ると、2人用にはかなり小さく見えますよね 笑

確かにたまに狭いなっと思うことがあったし、夫とたまに押し合って寝てました。

 

でも、まだ使えるし買い換えるほどの不満もなかったので今まで使ってきましたが

次買うならクイーンサイズが絶対良いよねと話していました。 

 

今の寝室にはキングサイズは大きすぎるし。 

 

そんなわけで夫の腰痛が発端で始まっていた我が家のマットレス探し。

私はIKEAのもので良いんじゃ?とか思っていたんですが

 

 

夫が「これが良いな!」と思ってるんだよね〜とサイトを見せてくれて、「オーダーするね!」と言われ

いつの間にか届いたのがこちらのマットレス。 

 

Casper(キャスパー)です! 

 

マットレス業界でかなり勢いのあるアメリカのベンチャー企業。購入後、100日以内なら返品することも可能。

 

・質の良いマットレス

・購入者からの評判が良い

・100日以内の返品可

・10年保証付

・カナダまで無料配送

 

という点が気に入って夫が決めました。

 

 

P4053661 (1).jpg

ボコボコになった箱に入っていましたが

中は特に問題なかったです。 

こんな感じで丸まって送られてくるので、受け取りが楽。

開けたばかりは本来の厚みより薄く感じますが、徐々に通常の膨らみに戻ります。

 

 

P4083703 (2).jpg

で、ダブルサイズのボックススプリングにとりあえずのせてみました。 (サイズがあっていませんが)

初めてのクイーンサイズで、かなり印象や大きさが変わるかと思ったら、意外とそうでもなかった。 

若干広々としたベッドになったなーとは思ったけど、デカイ!と驚く印象はなかったです。

私の中で、勝手にクイーンサイズはもっと大きいイメージがあったみたい 笑

 

 

ただ、前のものより約6センチくらい?余分にマットレスの幅があるため

オットマンとの段差が広くなって、以前より少し圧迫感を感じるように。

やはりベッドの高さが出ると部屋が狭く見えるというのは納得。

ベッドサイズも大きくなったのでその影響もありますが。

 

 

肝心のキャスパーのマットレスの寝心地はというと、かなり良いです!

我が家が購入したマットレスは5層のフォームで作られ、程よい硬さで体をサポートしてくれます。

ソフトな感触はありながら、寝るとしっかりとした弾力を感じ良い状態で身体を支えられていると私も感じました。

これで夫の腰痛が軽減すれば返品せずに使い続けようと思っているところ。

 

やはりマットレスって実物を見て、ちょっと寝心地を確認しても何もわからないですよね。

実際にそれを使って寝てみるまでは。

そういう点では、キャスパーはかなりユーザー目線で提供してくれていると感じます。

100日=3ヵ月以上のお試し期間があれば、自分にあっているかどうかが十分見極められますもんね。

そして満足しなければ全額返金してくれる。すごいですね。

 

そもそも人って1日の3分の1(約8時間)を睡眠に費やしています。

そう考えるとできるだけ気持ち良くぐっすり寝たいし、質の良い睡眠をとりたいですよね。

良い睡眠がとれないと、他の日常生活にまで支障が出ますし。

なので、マットレス選びって実はものすごく大切だと改めて実感。

20代の頃はあんまり気にしなかったことですが

30代ともなれば身体も疲れやすくなるので、より良い睡眠をとることの大事さをひしひし感じます。

 

 

となんか長々語ってますが、マットレスをクイーンにしたとなれば

新しくベッドフレームも買い換える必要が。

今までは枠だけの簡素なベッドフレームにボックススプリングとマットレスを敷いて出来上がっていた我が家のベッド。

 

今回はボックススプリングをなくして 、ベッドフレームとマットレスだけにしようという話に。

 

私の中でベッドフレームはいろんな憧れがあって 

あれもいーな!こんなのもいーな!といろいろ迷うところはありましたが

実際自分たちの今の部屋に置くとなるといろいろ制限もあり・・・

 

長くなりそうなので、ベッドフレームについてはまた次回改めて記事にしたいと思います! 

 

 

 

 

+ + + + + + + + + + + +

 

 

4月の楽天マラソンですが、地味に少しづつ買い足し。

楽天お買い物マラソン in 4月 【1〜2店舗】と気になる男前なお皿】の続きです。

 

 

【3店舗目】

やっぱり欲しかったカレイドのXS ブラックを購入。

こちらのインテリアショップにはこのサイズのブラックのお取り扱いがないのです。

KOZLIFEさんで買おうかと思ったら売り切れてた・・・

1800円以上で使える180円オフクーポンが本日出ていたので早速使いました!

ここのお店、1つ注文だとメール便が使えて、注文時は通常の送料が提示されますが、注文後にくるお店からのメールでしっかり送料が250円に変更されてました! 

 

 

【4店舗目】

前から気になっていたIHマット。

なるべくこまめに掃除をしているつもりですが、地味に時間かかるんですよね。

こういうマットがあったほうが掃除が楽かな?と。

あと、表面に傷もたまにつくので、今更ですが傷防止のためにも使ってみようと思います。

見た目もシンプルなグレーなのでキッチン雑貨としては◎

2枚入って1008円&メール便が使えるので買い回りにも良いですね。

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

北欧&シンプルライフのランキングに参加中!

 本日もご覧くださりありがとうございます。

 

RELATED POSTS

【フィリップススマートLEDライト】が使える!スマホで簡単操作、Hue(ヒュー)とポータブル版Huego(ヒューゴー)

我が家の寝室の壁側には

IKEAのチェストとワゴンがあります。

 

いつもここを見て思うのは

もう少しスッキリさせたい。

 

前はもっとごちゃごちゃモノに溢れていた場所なので 

現在はだいぶスッキリした方ですが

更に思い切って中に入っているものを断捨離したい!

 

さて、いつできるか?

まだ春の訪れなんて微塵も感じない極寒な日々ですが

季節の変わり目が来た時に合わせて

ウォークインクローゼット&寝室の断捨離

決行したいと思います!

 

 

P2173395 (1).jpg

 さて、今回はチェストの上にあるものについて。 

 

 

P2093281 (1).jpg

このクマとこだまのぬいぐるみについて・・・

 

ではなく 、笑

 

その後ろに隠れているものについてです。 

 

 

P2093282 (1).jpg

 この丸いもの。

一体なんだと思いますか? 

 

 

P2093283 (1).jpg

実はこれPHILIPS(フィリップス) のHue Go(ヒューゴー)というもの。

 

Wi-Fi接続によってスマートフォンから色や明るさを調整できる

ポータブルスマートLEDライト。

*スマートフォンから操作するときは、別売りの【Philips Hue ブリッジ】が必要。

 

Hue Goは、背面の真ん中にあるボタンを押すことで

プリセットされた7色を好みのものに切り替えることが可能。

そして、同じボタンを長押しすると消灯。

というHue Go本体だけでも操作が可能。

ですが【ブリッジ】がある方がスマートフォンから操作ができ

色の変化も最大限に楽しめます。

 

 

実は我が家

玄関・キッチン・ダイニング・寝室・ウォークインクローゼットの照明が

全てフィリップスの『Hue LED 電球』となっています。

 

これは夫がどうしても買いたいと2年ほど前に言いだし 

最初にスターターセットを購入。

それを皮きりに、Hue LED 電球 を少しずつ買い足し

結果、バスルーム以外の全てをこのスマートライトに変更。 

そして半楕円の Hue Go(ヒューゴー)も後に寝室に仲間入りしたわけです。

 

 

P3083462 (1).jpg

⬆︎

これはキッチンに使っているHue LED 電球

これはホワイトグラデーションに特化したもの。

 

 

 

Philips Hue ブリッジ

P3083470 (1).jpg

先ほど少し触れましたが

フィリップスのブリッジはスターターセットに一緒についてきました。

コレを部屋に設定すると ブリッジを介して自分のスマートフォンから

Hue LED 電球 & Hue Go(ヒューゴー)の明るさの調整や

電気をオンオフ、他にも色々できるのです。

 

 

P2093298 (1).jpg

上の写真のHue Goの特徴は

バッテリー内蔵型で持ち運びが可能なポータブルスマートLEDライト。

我が家では主に寝室メインで使っていますが

フル充電で約3時間の使用ができるため

屋内だけでなく屋外でももちろん使用可能!

 

②1600万色以上のカラーを演出できる。

ちなみにHueLED電球でもフルカラー調整ができるものがありますが

フルカラーに調整できる電球は価格も高い

そもそも普通の部屋の電球ではそんなにカラフルに色が変更できるメリットはない。(我が家は)

ということでHueLED電球は白色照明の方にしました。

ただ、ポータブルスマートLEDだと使いたい場所に持ち運べるので

1600万色以上のカラーを演出できるというのは魅力的!

 

上の写真のような暖色系の色はもちろんですが

 

 

P3083471 (1).jpg

こんなキレイなピンク色にもなったり。

 

 

P3083473 (1).jpg

写真ではうまく伝わりませんが

こうやって壁に向けても温かみのあるキレイな色のグラデーションが。

 

 

P2093284 (1).jpg

後ろに突起があり

コレが支えとなり安定して置くことが可能。

 

 

我が家は夫も私もiPhoneなので、

iPhoneのSiriを使って操作したり

ホームキットを使って画面でライトの操作することが多いです。

しかしフィリップス専用Hueアプリもあるため

それをダウンロードするとより細かな設定ができます!

 

 

 

ちなみに、私はいつもホームキットを使うのですが

 

IMG_0379 (1).jpg

ホームキットをタップすると

 

 

IMG_0380 (1).jpg

お気に入りのアクセサリーが表示されます。

この画面だとキッチン、ダイニング、HueGoが点灯中。

ここで各部屋ごとをタップすると消灯。

逆に明かりを調整したい時は長押しすると

 

IMG_0377 (1).png

まずはライトの明るさの調整ができます。

ちなみにこの画面はHueGoを長押ししたので

左下にColorと出ます。

これをタップすると

 

IMG_0378 (1).png

今度は色の調整ができるように。

周りの6色は自分の好みの色をプリセットして保存できる仕組み。

真ん中のEditをタップすると

 

IMG_0381 (1).jpg

このように色が自在に変更できます!

Colorの隣のTemperatureをタップすると

 

 

IMG_0382 (1).jpg

ホワイト系の色が表示され、暖色系から寒色系の色などを

自由自在に変更可能。

 

ブリッジを介してスマートフォンで照明の調節ができるって本当に便利。

各部屋の電気がつけっぱなしの状態で

ベッドに入ってスマホをいじっていても

わざわざ起き上がることがなく(我が家はバスルーム以外)全室消灯可能。

 

それだけでもかなり便利なのですが、

私の一番のお気に入りのポイントは

指定した曜日と時間に合わせてアラーム設定をしライトのオンオフができるところ。

 

 

P2173399 (1).jpg

例えば、起床時間に合わせてこのようにHueGoを点灯するように設定。

すると特に日の出の遅い真冬の間や

曇りで朝、外がまだ暗くても

まるでお日様が出たかのように、いい感じの明るさで目を覚まさせてくれます。

目覚ましで少し起きても、ボーとして目が冴えない日ってありますよね^^;

私は特に朝早く起きるのが苦手・・・

なのでこのライトの明るさがものすごく目覚める助けとなります。

 

ベッドルームのHueLED電球もアラーム設定ができますが

我が家は端っこにあるHueGoだけ設定。

そのほうがお日様が出たような錯覚を感じるため 笑

 

しかも、アラーム設定で点灯してから

10分後20分後または30分後に消灯するという設定もできるため

時間のない朝に、わざわざライトを消すという手間も省けます!

 

 

Hue Goは個人的に下のスターターセットを買った人が追加で買うのにオススメです。

やはしブリッジ無くしては最大限に良さが活かせないので。

 

 

日本では非常に多くの製品で使われている口金、ランプ E26が販売されているよう。

またLEDライトなため、省電力と寿命が長い部分がポイントに。

 

 

デメリットとしては

全部、このHueライトに替えるにはそれなりにお値段がかかるとこでしょうか。

我が家も2年ほどかけて少しづつ替えて今に至るという感じ。

またE26と一番普及している一般的な形状とは言え

電球の口金が合わなくて使えない場所も出てくるかと。

 

でも全部Hueに替えられた時には

めちゃくちゃスマートに操作ができるため

かなりの利便性を感じるかと☆

 

 

我が家はバスルームだけ替えていませんが

それ以外はスマホで簡単操作、またはSiriで操作ができて

やっと頼もしくなってきたなと思っています。

 

 

ガジェット系の分野は得意ではないため、わかりにくい文章かと思いますが

簡単な使い方やメリット・デメリットが伝わればと思っています。

詳しく気になる方は他の方のブログも参考にしてくださいね。

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

北欧インテリア&シンプルライフのランキングに参加中!

最後まで読んでくださりありがとうございます。

 

RELATED POSTS